肌ケア おすすめ

肌の調子が悪いとき、特に夏の暑い季節は肌のダメージが深刻になります。

そういった時のおすすめの肌ケアとして、熱いお風呂に入るという方法があります。


熱いといっても42℃ほどのお風呂ですが、
そのくらいの温度のお風呂に入ると、ヒートショックプロテインというたんぱく質の働きで、乳酸の発生を遅らせることができます。

結果的に血行が良くなるので肌ケアにとても良いですよ。


お風呂から上がると、扇風機などで体を冷ましたくなりますが、
温かいままで服を着て身体を温めておきましょう。

そのままきちんと保湿をしてあげれば、肌はダメージを修復し美肌になってくれますよ。